事務所としても自宅としても使える賃貸 - 賃貸物件の種類について

賃貸物件の種類について

  • 事務所としても自宅としても使える賃貸

    • 一般的に住居用の賃貸物件は事務所として使うことを禁止されています。



      しかし中には事務所としても使える賃貸物件もあるのです。最近ではSOHOをしている方もいらっしゃいますが自宅で働きたいという方にはおすすめです。



      通勤に時間もかかりませんし事務所と自宅が一緒ですので二件も賃貸を借りる費用がかからず節約できます。



      小さな子供さんのいる家庭でしたら子供を見ながらでも仕事ができますので便利です。



      事務利用できますがどの程度の事が出来るのかは確認しておきましょう。
      例えば飲食店などができない場合もあります。

      他にもお客様が来るような仕事もできない場合もあるので不動産屋で確認しておいてください。

      看板を表札のところに出していいのかどうかも確認しておくといいでしょう。
      事務所利用できるところなら暮らす目的ではなく事務所だけの目的で使うこともできます。
      一般的なオフィス用の物件は賃料が高いので節約になります。



      一応住居として利用できる物件ですので徹夜作業をする時に宿泊できるのが魅力的なところです。・事務所兼賃貸物件はただ事務所利用が可能と言うだけでありオフィス用の設備などは特に整っていませんので家賃も一般的な住居用のところとそう変わりありません。
      ただ人の出入りが激しくなる可能性がありますのでそれを不愉快に思う方には向いていません。



      住居のみの目的で利用するのでしたらこの点のことを考えて契約しましょう。

      割と都市部にこのような物件が多く見受けられます。

  • 関連リンク

    • 賃貸物件探しでは、タイミングがとても重要です。市場に出回っている賃貸物件の数が多い時期と少ない時期があり、少ない時期に探しても理想の物件にたどり着く確率は低くなってしまいます。...

    • 賃貸物件探しをしていると、段々とその地域の相場が分かってきます。相場よりも少し高めだから造りがしっかりとしているのだろう、とか、設備に問題はないが駅から遠めだから賃料が安いのだろうとか、見るべきポイントが明確になります。...