賃貸探しで覚えておきたい用語 - 賃貸物件の種類について

賃貸物件の種類について

  • 賃貸探しで覚えておきたい用語

    • 賃貸住宅探しをする際、色々な用語を目にすることになります。
      たとえば、間取りについてですが、Sならサービスルーム、Kはキッチン、DKはダイニングキッチンでキッチンよりも少し広いもの、LDKはリビングダイニングキッチンのことで大体8畳以上のものを指します。

      2DKと書かれていれば、2部屋プラスダイニングキッチンがついているということになります。

      これらの用語をきちんと理解することで、その賃貸物件の情報を正確に把握することができます。



      室内設備では、追いだき機能と追いだき給湯は間違えやすいので注意が必要です。追いだき機能はお風呂に水をわかせる機能です。



      それに対し、追いだき給湯とは給湯設備で追い焚き機能のついたものを指します。



      追いだき給湯は比較的家賃の高めの賃貸物件でないとついていません。その他、最近ではロフトが設置されている部屋も多くなっています。ロフトとは天井付近に設けられたスペースであり、梯子を使って上り下りします。


      室外においては、ベランダやバルコニーを混同している人が多いようです。

      ベランダとは外に張り出した縁を指し、屋根があります。



      雨が降っていても洗濯物を干すことができるのはこのタイプです。


      それに対し、バルコニーは屋根のない手すり付きの台を指します。

      ルーフバルコニーとは下の階の屋根を上階の庭として使うタイプであり、バルコニーを広くしたものという認識で問題ありません。



      これらの言葉を知っておくと、賃貸情報が分かりやすくなります。



  • 関連リンク

    • 賃貸物件探しをしていると、段々とその地域の相場が分かってきます。相場よりも少し高めだから造りがしっかりとしているのだろう、とか、設備に問題はないが駅から遠めだから賃料が安いのだろうとか、見るべきポイントが明確になります。...

    • 一般的に住居用の賃貸物件は事務所として使うことを禁止されています。しかし中には事務所としても使える賃貸物件もあるのです。...